2WDで大丈夫でした。北海道の車事情【FF車ver】

冬の星野リゾートトマム 北海道への移住・暮らし
スポンサーリンク

4WDの車じゃなくても、雪道を走れるの?

雪国の車はみんな4WDなの?

この記事はそんな方に向けて書いてます。

 

こんにちは、どんぐりです!

11月に入り、少しずつ冬の香りがしてきました。

どんぐり
どんぐり

11月頭でも、朝は氷点下になるんだぜ^^;

今回は北海道に移住してから6年、ずっと2WDの車で生活をしているお話です(*’▽’)

▼この記事の内容

  • 北海道で4WDの車は必要?
  • ずっと2WD車で生活してます

結論からお話すると、北海道でも2WDの車で問題なく生活ができます(^^)/

移住して6年、一度も埋まることなく使えているんです。

どんぐり
どんぐり

前輪駆動のFF車に乗ってるよ

くるみ
くるみ

私も同じくFF車よ♪

一部の人は「4WDじゃなきゃだめだ」とも言いますが、全然2WDの車でもOKです。

内容を読むと、雪国でも4WDの車が必須ではないことがわかりますよ^^

それではいきましょう!

 

▼この記事を書いている人

ハムスター

〇名前:どんぐり♂

〇関東から北海道に移住して6年

〇雪道の運転はけっこう好き

最初の年は不安だったけど、意外となんとかなった^^

今はスタッドレスも性能いいし、2WDの方が安いし、4WDにこだわらなくて大丈夫だよ。

スポンサーリンク

 

北海道では4WDの車が必要?

雪の上を歩くぺんぎん
僕らはみんな2WDだよ。

ほとんどの人は2WDの車でも問題なく生活できます。

絶対に4WDの車じゃないと生活できない人は、ごくわずかです。

4WDの車をおすすめするのは、以下の人です。

  • 除雪の入らない道に住んでいる
  • 家の前に急な坂道がある
  • 雪山に入っていく必要がある

4WDの強みは除雪がいまいちでも走れる力強さと、坂道の途中でもすべらず走りだせる安定さにあります。

なので普通のアパートに住んで、普通に出勤する人たちは2WDの車でも問題なく生活ができます。

どんぐり
どんぐり

前のアパートは除雪もしてくれたんで、すごく楽だった~

くるみ
くるみ

北海道の道路は除雪が早くてきれいなのよ^^

国道や道道など大きな道は朝早くに除雪が入っているので、快適に運転ができます!(^^)!

 

それでも「車は4WDでないとダメ」という4WD信者が多いのも北海道の現実。

4WDと2WDの強みをそれぞれみていきましょう!

 

4WD車の強み

冬の星野リゾートトマム
  • 坂道発進が強い
  • ちょっとの雪なら気にせず走れる

4WDのメリットは上記の2つです。

2WD(FF車)の車は前の2つしか動いていないので、凍った坂の途中で止まると、すべって登れないことがあります。

その点4WDは4つのタイヤが駆動するので、すべることなく上っていけるのです。

どんぐり
どんぐり

ちょっとの坂なら2WDでも大丈夫なのだけど…

くるみ
くるみ

知らない道を走る時は、ちょっと怖さもあるよね^^;

 

そして4WDの車は少しくらい雪が積もっていても、気にせず発進することができます。

限界値が高いと、それだけ雪道を安定して走れるのは強みですね。

ただし車の底がつっかえてしまうと、4WDでも埋まってしまうので油断は禁物です。

おちび
おちび

大きな道路は除雪入ってるから、主に家の周りで役立つよ

スポンサーリンク

 

2WD車の強み

ビートルのミニカー
  • 車の値段が安い
  • 軽い分、燃費がいい
  • 雪道ですべり始めがわかりやすい

2WD車の強みは上の3つです。

車自体の値段が安く、中古車でも選択肢が多いのが個人的にうれしいポイント^^

どんぐり
どんぐり

中古でも4WDはちょい高いね^^;

お友達
お友達

輸入車だともっと高いのもあるね

 

そして2WDの車は4WDより軽いので、燃費が良くなります。

同グレードでも、ほとんどの車種で3~4kmほど燃費が良好なのです。

くるみ
くるみ

維持費が安くなるのは大事なトコ!

お友達
お友達

軽い分、雪道で止まりやすいメリットもあるんだ

 

さらに個人的には、「雪道ですべり始めがわかりやすい」が大きなメリットです。

実は北海道の雪道で事故を起こしているのは、ほとんどが4WDの車。

どんぐり
どんぐり

特に降り始めの時期は事故が多いよ

その点2WDの車は限界値がくる前に少しずつ車がすべりだすので、無茶な運転はしにくいです。

イメージとして4WDはすべりにくいけど、すべりだしたら止まらないみたいなイメージです。

僕が事故を起こさずに雪道を走りまわれるのも、速度が抑え気味なのが大きいと思います!(^^)!

くるみ
くるみ

すべっても、2WDならコントロールもしやすいのよ^^

 

ずっと2WDの車で生活してます

赤いデミオ
最初の妻の車は2WDのデミオでした。

そんなわけで周りから驚かれることもありますが、僕の車も妻の車もずっと2WDです。

くるみ
くるみ

2台ともFF車よ

今は北海道でも雪の少ない室蘭市近郊に住んでいますが、豪雪地帯の倶知安(くっちゃん)に住んだ時も2WDで問題ありませんでした。

車は3年落ちくらいのを中古で購入するので、2WDの車は価格も安くて家計的にも大助かり(^^)/

わが家がうまく節約できてるのは、車のおかげもあるんです。

 

過去に妻がドカ雪の時に外出して、うまってしまったことがありました。

一晩で30cm以上降り、除雪が追い付いていない状況だったのです。

どんぐり
どんぐり

この時はやっぱり4WDがよかったな~って思ったよ

ところが想像以上の雪の量で、4WDの車もたくさん立ち往生していました。

仲のいいディーラーの人に聞くと、

「あれだけ降った時は4WDだろうとランクルだろうとうまるんです。外に出ないのが一番!」とのこと。

くるみ
くるみ

次は家でおとなしくしてますw

雪の量がやばいときは、4WDでも無茶はだめだと学びました^^

スポンサーリンク

 

豪雪地帯の倶知安(くっちゃん)でもOK

倶知安の雪
倶知安駅前の自動販売機。買えるのだろうか…

北海道に移住してから1年目は倶知安(くっちゃん)町に住んでいました。

そんな豪雪地帯とも知らず、2WDの車で移住してきた私。

周囲は4WDや車高の高い車が多かったですが、僕の乗っていたのはプジョー208(FF車)

最低地上高は140mm、全長4mの、普通のコンパクトカーでした^^/

 

実際に倶知安に住んで雪が降ってみると、あら不思議。

除雪が早いので、2WDの車でも問題なく走れるじゃありませんか~

どんぐり
どんぐり

雪の量と除雪の早さはハンパなかった^^

朝5時台から外は「ガラガラガラ」と大きな音をたてて除雪車が走ります。

するとこんなにキレイに道路の除雪がされるのです(‘◇’)ゞ

雪道
こちらは普通の住宅地。右側には除雪の山。
雪道
郊外の道もごらんのとおり。
白鳥さん
白鳥さん

これなら自転車でも走れそう!

ぺんぎん
ぺんぎん

たまに太いタイヤの自転車走っているんだ♪

国道はもちろん、道道や町によっては住宅街まできれいに除雪してもらえます。

基本雪国の除雪が早いので、除雪された道なら2WDでも何も問題なく走行できますよ(^O^)

スポンサーリンク

 

北海道より北のヨーロッパでは、2WDの車ばかりという事実

二十間道路桜並木
僕のプジョー208も2WDだけの設定

北海道より緯度の高いヨーロッパではほとんどが2WDの車です。

彼らが4WDの車を使わないのは以下の理由だそうです。

  • 2WDでも問題なく走れる
  • 4WDは値段が高い

今はスタッドレスタイヤの性能がぐんとアップし、さらに車には横滑り防止装置も付いています。

なので2WDでも圧雪やアイスバーンは普通に走れちゃいます。

ぺんぎん
ぺんぎん

スタッドレス、安くて性能いいのもたくさんあるよ~

 

さらに上でも書きましたが4WDは2WDに比べて高いです。

そんな理由でほとんど4WDを見かけないとのこと。

どんぐり
どんぐり

ちなみにオーストラリアはでっかいSUVばかりだった

くるみ
くるみ

大きいのが好きなお国柄かもね^^

無駄な物にお金をかけない、ヨーロッパの人たちの気質が見えますね。

スポンサーリンク

 

まとめ→北海道でも2WDで十分走れます

雪の峠と車

北海道の豪雪地帯でも、雪の少ないアイスバーンのエリアでも困ることなく走れています。

くるみ
くるみ

私だけはドカ雪の日にうまっちゃったけど…

どんぐり
どんぐり

車高より積もってるのに、無理に走り出すからw

以下の条件に当てはまらなければ、2WDでも4WDでも好きな車で大丈夫なのです。

▼4WDをオススメする人

  • 自宅が坂を上った先にある
  • 家の前が除雪が入らない

上り坂の途中での坂道発進や、除雪の入らない道ではやっぱり4WDの方が強いです。

お友達
お友達

除雪入らないと、雪の量によっては4WDでも埋まっちゃうよ

とはいえ北海道で雪が多くなるのは、1月・2月のふたつきだけ^^

どんぐり
どんぐり

雪国あるあるだけど、雪の多い日は仕事に遅刻しても怒られないよ~

駆動方式だけで好きな車に乗らないのはもっいないです。

4WDにこだわらず、自分の好きな車に乗るのが一番いいなぁと思っています(‘◇’)ゞ

 

▼参考記事はこちらです

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました